今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



物語は今回から本格的に奥編となっていきます。夫の無念を晴らすため殿様に直接話を聞きたいというのが奥に入る理由であることは前回言及がありましたが、それが歯を食いしばってどんな苦労にも耐えるだけの理由になるのか、自分にはイマイチぴんとこない感じがします。数年前の大河ドラマに出てきた篤姫でも大奥の人間関係については非常に難しいことはわかっていたので、それと比べると今回の美和に対する周囲の言動は、まだまだぬるいものであると見てしまいます。

露骨に嫌がらせしたのは、見た目からそんな雰囲気をぶんぶんさせている2名以外には今のところおらず、それ以外は攘夷運動で命を落とした親族がいるということで、美和に冷たく当たってしまうのはやむを得ないのではないでしょうか。総じていうと風当たりはそこまで強くないのではないかということで、題名にあるような泣かない女であるのも当然と言えば当然ということになります。

表舞台との関係を露骨に作ると江みたいになってしまうのですが、今回もその傾向がみられました。例えば、高杉のもとに服を持って行くという大役をなぜか園山さんは新入りに任せ、それを都美姫も応援するという状況。こんなに簡単に表舞台の人と会うことができるのであれば、奥に入らなくてもそういった人を通じて直談判すれば良いのに、と素朴に思ってしまいます。この勢いだと本当に毛利敬親にも会って、歴史を動かしてしまいそうな勢いです。

次回以降、本格的な奥の状況が見れると思いますが、周囲よりも特別扱いが続くようだと、はてなマークが広がっていきそうです。

◆花燃ゆ紀行◆
山口県山口市
 - 旧山口藩庁門





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 花燃ゆ, 久坂文, 井上真央, 高良健吾, 東出昌大, 大沢たかお, 山下真司,

蛤御門の変がとうとう始まります。この戦を近年では薩摩側、会津側からも見ているので、長州側からどのような描写がされるのかもの凄く楽しみにしていました。ところが登場したのは久坂玄瑞とその周辺メンバーのみで、来島又兵衛は登場後数分で薩摩の西郷率いる兵に討たれてなくなってしまいます。期待していただけにそのギャップにしばらくついて行けませんでした。

薩摩や会津には御所を守るという大義名分があり、それを守るためにどれだけ苦労してきたか過去の大河ドラマで知っていたのですが、今回の長州に関してはほとんど来島又兵衛の独走だけが表現されていて、それを抑えることができない久坂も結果的には鷹司邸に武力で押し入り、要求を伝えるという荒技に出ています。これは交渉とは言わず、完全に脅しの世界です。本当に長州の人々はこんなことを望んでいたのでしょうか。きっとそうでは無かったと思います。

なんとか立ち直りかけていたところに、今度は文が奥に入るという話。ここも完全に唐突すぎて自分はついていくことが出来ませんでした。久坂家も断絶し久米次郎も小田村に返されることになって悲しい気持ちなのは理解しますが、それが奥に入ることとどういう関係があるのかがイマイチ繋がりません。

物語のなかでは偉くなって直接お殿様になぜ罪亡き人が死んでいったのか聞くのだといっていましたが、悲しみの果てにある人がそのようなことを考えるのか、そして過去に砲台建設でさらりと顔を合わした程度の人物のことを取り立てることがあるのか、様々なはてなマークを打ち消すことが出来ないまま物語は終了。もの凄い消化不良に終わった内容となりました。

次回からは奥編ということですが、何を楽しみにしていったらいいのか分からない状況なので、それを探していきたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
京都府京都市
 - 鷹司邸跡





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 花燃ゆ, 久坂文, 井上真央, 高良健吾, 東出昌大, 大沢たかお, 山下真司,