今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



いかにも日本人らしい世界記録が登場しました。

福岡県福智町で、7月20日に世界一長い2345メートルのそうめん流しを成功させたのです。始めこれをみたときには、2345メートルの長さの1本のそうめんが作られたのかと思ったのですが、そんなわけではありません。

レールの長さが2345mでそこを流れるという意味だったんですね。これまでの記録は、熊本県芦北町で昨年樹立された1750メートルというのですから、実に600メートルくらいの記録を破ったことになります。

なんでも、住民有志が福智町を全国にPRしようと発案し、5月末から500本の竹を切り出し、町内の自然公園を起点に2日かけコースを設営したそうです。

他の記事では3000メートル地点にゴールがあったそうで、そこにはテントに横断幕まで用意されていたのですが、そこまではいかなかった模様。なんだか寂しい気もします。

すんなり記録を樹立できたというとそうでもないらしく、正午に「一番そうめん」を投入したんですが、節に引っ掛かり集まった町民はやきもきしたそうです。

この町はかつて世界最高齢の方がいらっしゃった町なので、これで2度目のギネスになります。そんな町はなかなかないんじゃないでしょうか。

ところで、2345メートルの流しそうめんが本当に稼働したら、下流の人はそうめんを食べる事なんてできるのでしょうか。きっとなんにも流れてこないと思います。しかも、なんか流れてきたそうめんも怪しいですよね。

いっそのこと、パイプ形式にしちゃえばどんどん流れるんじゃないでしょうか。もしかしたら流しそうめん界にも厳密なルールがあるのかもしれません。

自分も長い何かを作りたくなってきました。

【参考】gooニュース
http://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/business/20080721_evn_010-nnp.html


夏の風物詩 本格流しそうめんキット



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 流しそうめん, 世界記録, ギネスブック, 福岡県,

中学生の頃、T君という仲のよい友達がいました。

そのT君は、「僕は円周率を覚える!」と言いだし、あの当時はパソコンも普及していなかったのですが、ワープロで1000桁の円周率が書かれた紙を毎日もって覚えていました。

自分は覚えるつもりなんてさらさらなかったのですが、つきあいというのは恐ろしいもので、一緒にいるだけで50桁覚えていました。

そして今でもその50桁を暗記しています。

3.1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510

だから、何なんだという方もいろと思います。自分もそう思います。たかが50桁だとそういう話になるので誰にも言いませんが、これが11万桁という数字になるとどうでしょう。途端に「すごいなぁ!」という話になりますよね。

それが原口證さんです。彼は10万桁の暗唱世界一記録保持者で、さらに11万桁に向けて記録を伸ばすべくチャレンジしています。1時間に6000~7000桁言うそうなんで、確認する方も大変です。

ここまでくると、数字を数字として暗記するのではなく、語呂合わせを使ってストーリーを作っているそうです。今度、その話を映画化してみてはいかがでしょうか。きっと数時間に及ぶ長編になりそうですね。



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 原口證, 円周率, 世界記録,