今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



サントリー 白州蒸溜所

今居酒屋に行くとほとんどのお店でハイボールが人気メニューとして掲げられています。ハイボールという言葉はよく聞くのですが、一体どういう飲み物なのでしょうか。簡単にいうと「ウィスキーのソーダ割り」になります。ハイボールという言葉はどうやら世界ではないらしく日本独特の呼び名なようです。

時はさかのぼり戦後のこと。気軽にウィスキーを飲むことができるバーが急速に広まった頃、氷は貴重なものとされ水は必ずしも衛生的とはいえない状況のなかで、割とポピュラーに存在していたソーダを利用してウィスキーを割るようになりました。それが通称「トリハイ(トリスハイボール)」です。

それから、徐々にハイボールは一般家庭にまで普及すると共に、水がおいしなったり手軽に氷を作れるようになるとハイボールは静かに我々から離れていくことになります。さらに1983年をピークにウィスキー自体の消費も下降傾向をたどっていくことになります。

これに危機感を感じたのはウィスキーの大御所であるサントリーでした。消費が伸び悩んでいるはずのウィスキーが東京のとあるお店でよく飲まれていることを調べてみるとハイボールという形で売られていたのです。ウィスキーを改めて飲んでもらうためにハイボールという形で販促活動を開始します。

しばらくして、これが功を奏し人気が人気を呼んでいくことになります。今では「チューハイ」も「焼酎ハイボール」と略称をほどいて呼んだり、スパークリング日本酒を「日本酒ハイボール」と呼んで売ったりするほど、ハイボールに対する一種のブランドが確立されつつあります。


◆ハイボールの語源
ウィスキーのソーダ割り=ハイボール、という名前になかなか結びつかないのですが、ハイボールという言葉の語源として大きく2つの説があるといいます。

説1:アメリカの鉄道にて
棒の先に金属製のボールが上がっていれば青、上がっていなければ赤という「ボール信号」があったそうです。駅員の人はとなりの駅にあるボール信号を望遠鏡で見ながらウィスキーを飲んでいて、ボールが上がる(これはハイボールという)と、列車がくるのでホームに駆けつけました。そのときの駅員が飲んでいたのがウィスキーのソーダ割りだったといいます。

説2:スコットランドのゴルフ場にて
ある紳士がスコッチを飲んでいたところ、打ち上げられたゴルフボール(ハイボール)が飛び込んできたそうです。慌ててしまった紳士はスコッチを水で割るところを誤ってソーダで割ってしまったのですが、意外にもこれがおいしかったので広まったといいます。

どちらも、ことの真偽は分かりませんが、今世界でハイボールという言葉が使われていないところから考えると、もしかしたら日本人が考えついた名前なのかもしれません。そんな語源を考えつつお酒を楽しむのも悪くないでしょう。


◆森の中のウィスキー蒸溜所
そんなハイボールのもとになるウィスキーですが、メトロミニッツにサントリーの白州蒸溜所が紹介されています。山梨県北杜市にある白州蒸溜所は周囲を深い緑の山々に覆われていて、その中でシングルモルトウィスキー「白州」が作られています。

以前、北海道余市にあるニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所を訪れたことがあるのですが、この白州蒸溜所はまた違った趣を感じることができます。周囲の森から発酵段階では森からやってきて樽に棲みつく乳酸菌が、熟成段階では樽の中の原酒が呼吸をする森の湿潤な空気がウィスキーを育てていきます。

このように仕込み、発酵、蒸溜、熟成のほとんどすべての工程で、森や近くを流れる清流からの恵みを受けているのです。その生きているウィスキーを最高の商品にする最後の砦は人。人と環境が整ってこそ、最高のウィスキーを作ることができることを教えられます。


おいしいものは、最高の場所で最高の人によって作られる。大量生産で手軽に手にすることができるものがあふれている今だからこそ、こういうてまひまかけたものに貴重な価値があるのです。そんな作り手の心を感じながら、一杯のハイボールを飲んでみてはいかがでしょうか。

【参考】メトロミニッツ No.093






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : メトロミニッツ, 白州蒸溜所, サントリー, ウィスキー, ハイボール,

はじめて藤原新也という方の文章に出会ったのは、東京メトロ構内で配布しているフリーマガジン「メトロミニッツ」の最後のコラムでした。情報が無限に広がる中彼の文章を読んでいると、その時間だけ自分の時間に没頭することができる、そんな不思議な魅力がある内容ばかりでした。

彼のコラム「撮りながら話そう」は、始めに文章に関連する1枚の写真と、その後に続くコラムから成り立っています。コラムの内容は一言で言うと「日常に潜むほんの小さな心の葛藤を切り取った物語」であると言えるでしょう。

そこに登場する人々は、誰にでもあるような日常の生活の中の出会いや別れ、そして死を意識した思いをするのですが、それが藤原新也という人物を通じると、すごく感動的で心の奥底にまで届くような圧倒的なものとなって心を揺さぶるのです。

その「撮りながら話そう」から藤原さんなりに選んで加筆追加したものが、「コスモスの影にはいつも誰かが隠れている」になります。

この本のあとがきで、藤原さんは次のような言葉で本を締めくくっています。

「人間の一生はたくさんの哀しみや苦しみに彩られながらも、その哀しみや苦しみの彩りによってさえ人間は救われ癒されるのだという、私の生きることへの想いや信念がおのずと滲み出ているように思う。」

この言葉は、すべての内容に共通しているように思えます。生きることへの想いは、決して楽しいことばかりではありません。つらいことや苦しいこと、本当にこの生き方は正しかったのだろうと思い悩む姿を通じて、考えさせられることも多くあります。

でも、本書を読んで苦しくなるのではなく、心揺さぶられる気持ちになるのは、人間が持っている根源的な心理がそこにはあるからなのかもしれません。読み終わった後には、心がなぜか温まってくるのです。

非常に読みやすい短編となっているので、すっと読むことができると思います。願わくは、「撮りながら話そう」のなかで「コスモスの影にはいつも誰かが隠れている」に載せることができなかったものを続編として期待したいと思います。

あなたも、静かな感動と心の中に広がる生きることへの想いを感じてみませんか?


コスモスの影にはいつも誰かが隠れているコスモスの影にはいつも誰かが隠れている
(2009/08/28)
藤原 新也

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : コスモスの影にはいつも誰かが隠れている, 藤原新也, 撮りながら話そう, メトロミニッツ, 東京メトロ, フリーペーパー, ,