今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



自分でやりたいと言ってくるものについては、とりあえずNOとは言わずにOKを出してみよう。なんとなくそんな方針を持っている自分としては、息子が「パパ、サッカーやってみたい」と言ってきたときにも気軽にOKを出しました。

その後、何度がやめたいと言ってくるときもありましたが、ゴールを決めて嬉しかったという理由から今まで続けて、とうとう初めてのサッカー試合を迎えます。

川崎市の幼稚園のサッカークラブが等々力に集まって7試合も行うので、朝から親たちも準備に大忙し。

会場についてみると、とにかく風が強くて寒いにも関わらず、子供達とそれ以上の親で賑わっています。やはりお母さんが多いのですが、土日ということもありお父さんも散見されます。

試合が始まると、サッカーというよりもラグビーに近いような接近戦でボールの近くに園児たちが集まって足を出し合っているような状態。先生達は必死に離れろなどと言っていますが、子供達はボールの場所が全てなので聞いてはいないでしょう。

そんななかでも幼稚園といえども上手い子はしっかりといて、ドリブルで敵や味方を交わし、ゴールをするような強者もいたりします。

我が子は、ボールに執着心もなく後ろの方でくるくる回っていたり、ひとよりもワンテンポ遅くボールに到着したりして、十分チームには貢献できていなかったのですが、後で本人に聞くと楽しかったというので、それはそれでありだなと思うようにしています。

チームは必ずしも強くはなかったのですが、勝ち負け以上にチームの中で練習したり切磋琢磨するのは、いい勉強だと思うので、本人が嫌がらないのあれば続けていかせたいと思っています。

親の方々も必死に子供達を応援していて、子供以上に感情を出して楽しむことができたのではないでしょうか。自分も初めてこうして応援に行ってみて、色々と発見できる楽しい一日となりました。





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 幼稚園, サッカー,

前半、後半、延長、いずれでも決着がつかなった時に突入する過酷な戦い、それがPK戦です。そこまで両チームとも死闘を繰り広げ選手だけでなく観客までもがその戦いに白黒を付ける残酷さを痛感するのですが、それでも勝負の世界は無情にも商社を決めたがります。

そんなサッカーのPK戦、先攻と後攻のどちらが有利なのでしょうか。先攻は先に決めることによって後攻のチームに大きなプレッシャーを与えることができる反面、外したときはそれが逆に働いてしまうことから、一概にどちらが有利かと言い切れないと思っていたのですが、イギリスの研究機関であるロンドン・スクール・オブ・エコノミクスがサッカーのPK戦に関する研究の結果を報告し、明らかとなりました。

研究チームは、1970年から2000年にかけて国内外で行なわれた主要な大会のPK戦2820件を分析した結果、最初に蹴ったチームの60%が勝利していることがわかったというのです。それを選手も分かっているのか、PKの先攻・後攻を決めるトスに勝った主将は、20人に19人の割合で先攻を選んでいるという事実も裏付けています。

研究を行なったイグナシオ・パラシオス・ウエルタ教授によると、ポイントを先行されることからくる精神的なプレッシャーが、後に蹴るチームのパフォーマンスに明らかに影響をおよぼしていると結論づけています。PK戦では外すことよりも入れる確率の方がどうしても高くなります。ただでさえそんなプレッシャーの中でのキックなので、そこに先攻チームからのプレッシャーが加わることによって、後攻チームの選手のプレッシャーは極限まで上がってしまいます。

研究チームはさらにこの不公平さを軽減するために、テニスのタイブレークのように先攻・後攻が入れ替わる方式を提唱しています。つまり先攻の1本目のあとは、同じチームが2本つづけて蹴ることになる。こうすることによって、より公平になるだけでなく、どちらのサポーターでもないという観客にとって、ずっと面白くなるはずだと主張しています。

確かに、この方法は蹴る順番に関する不公平さを解消するために非常に有効だと思います。ただし、PK戦の有利さを左右するものは蹴る順番だけではありません。PK戦を行なうゴールをどちらのエンドにするのかという要素も大きな要因になります。もしも完全に公平さを保つのであれば、蹴る順番を替えるだけでなくエンドも替える必要性が出てきます。

観客としては、なるべく公平であると同時に盛り上がり手に汗を握るPK戦を見たいので、そのゴールに行き着くためにはどのようなPK戦がいいのか、考えてみるいい機会なのではないでしょうか。

【参考】livedoorニュース http://news.livedoor.com/article/detail/5213968/

  



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : PK, サッカー, 先攻, 後攻, 有利, 不利, ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス, イギリス,