今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



アナログの時代において写真はカメラ屋さんで現像に出して入手するものでしたが、デジタル化が進んだ今そのほとんどがパソコン上でのファイルとして保管している時代となりました。だからこそ、現像した写真への温かみを感じてしまうのですが、これからどんどんこの流れは進んでいき、ほとんどすべての写真はファイルに取って代わるものと思われます。

そんなデジタル画像にはいくつかの種類があります。大きく、JPG、 PNG、 GIFという3つの形式があり、その他にもBMPなどがあります。デジカメで撮った写真のファイル名の最後にJPGなどと書かれているのを見たことがある人も多いでしょうが、それがファイルの形式になります。画像ファイルを作成する際にこれらの形式についてちょっとした知識があれば、より綺麗な画像を保存しておくことができます。

そこで、今回はデジタル画像の形式についてそれぞれの使い分け方について見ていきたいと思います。

◆JPG(Joint Photographic Experts Group)
JPGはジョイント・フォトグラフィック・エキスパート・グループがプロのカメラマンの標準となるように開発したファイルの形式です。画像ファイルをまずはピクセルと呼ばれる小さな四角に分解し、ピクセル内の微妙な色を単純化することによってデータ量を圧縮していきます。

JPG形式は、一度圧縮してしまうと元の画像に復元することができないという短所があります。元の画像をJPGにして、大きくして表示してみると凸凹しているのが分かると思います。これを元の滑らかな画像に戻すことができないのです。ぼやけたり、かすれたりすることがあるので、活字や線、またシャープな輪郭を含む写真にも向きません。

長所としては大きな画像をものすごく小さいデータ量にすることができるので、保存という観点で非常に優れています。なので、デジカメなどでは比較的標準のファイル形式として利用されています。

JPEGが表現できる色としては、24ビットRGB、CMYK、8ビットグレースケールの全てに対応しているので、用途によってカラフルなものから白黒まで対応しています。

◆GIF(Graphics Interchange Format)
GIFはJPEGと同じように古くからあるファイル形式です。GIFは写真以外の画像をサポートするのに使われていました。それはGIFという画像が表現できる色に関わりがあります。

GIFが表現できる色としては、8ビットカラーのファイルです。画像内で特定の256色しか使うことができないことから写真のようにカラフルな色を表現することができないのです。なので、JPEGなど他のファイル形式からGIFに変換すると色情報が失われて変な色になってしまいます。

そんなGIFの特徴としては、透明色が使えることに加えて動画を作成することができます。アニメーションGIFと呼ばれるもので、複数の画像を1つのファイルにまとめて、それを表示するとパラパラ漫画のようになるのです。

GIFは、デジタルデータの中で同じ配列の部分をまとめることによって圧縮しているので、もとのデータに戻すことができます。そのため、線をくっきり保つことができます。そこでフォントや幾何学的な形状を描くのに用いられます。

◆PNG(Portable Network Graphics)
PNGはGIFが使用している技術が特許の問題で論争を起こした時に、GIFに代わるオープンな技術として開発されました。

PNGが表現できる色としては、GIFのように8ビットカラー画像をサポートしていますが、JPGのように24ビットカラーRGB画像もサポートしています。またデータを圧縮前に戻すことができるので、画像の質を落とすこともありません。

PNGはGIFよりも透明色を用いた画像を作るのに適しています。しかしこれまでの3つのファイル形式の中ではファイルサイズが一番大きくなりがちで、古いブラウザではサポートされていない場合もあるので注意が必要です。


このように、ファイル形式には様々な特徴があり利用用途によって使い分けていくことによってデジタル画像を表現力豊かなものとして保存することができます。

その中でJPGは最高画質でもPNGファイルよりもファイルサイズが小さくでき、サムネイルのような小さい画像の場合は、JPGの非鮮明さは虫眼鏡で見るなどしないと気にならない程度なので、通常写真などの画像はJPGで保存し利用するのがベストといえるでしょう。

【参考】GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2010/10/jpgpnggif.html

世界デザイン地紋CD‐ROM―EPSアウトライン・スウォッチ・GIF・JPEGデータ収録世界デザイン地紋CD‐ROM―EPSアウトライン・スウォッチ・GIF・JPEGデータ収録
(2007/05)
大室 はじめ

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : JPEG, GIF, PNG, BMP, bitmap, JPG, 画像, ファイル形式, カメラ, 写真,

数年前、会社の後輩が、外でランチをしたりしたときに自分が食べた料理についてすべて携帯のカメラで撮って保存している人がいました。彼に言わせると、すべての食べたものの写真を撮ることによって後でダイエットのために記録を付けることが目的だといいます。その当時はそんな面倒なことをよくやるなと思ったものですが、最近になって自分の食べたものをきっかりと記録することによってダイエットに役立てるというレコーディングダイエットや、カロリー量を登録する健康応援サイトまで登場し、時代が彼に追いついてきていると感じます。

このように、自分のケータイで食べるものを写真に撮ったりする機会はどんどん増えつつありますが、うまくきれいに撮れているでしょうか。デジカメなどではきれいに撮れても携帯電話ではなかなかうまく撮れないという人も多いのではないかと思います。いつも食べられるものもあることから、その食べ物に対する一期一会をなるべく思い出としてきれいに残したいものです。そこで、今回は携帯電話のカメラを利用して料理をおいしく撮る方法について調べてみたいと思います。

様々なサイトを調べてみると、ポイントは以下の5点に集約することができることがわかります。それぞれについて詳しく見ていきます。


1. ぶれないようにしっかりと携帯電話を固定する
最近の携帯電話は手ぶれ補正機能が付いているものが多いですが、それでも撮った後に見た写真がぶれてしまっていて見えなかったときのショックは相当のモノでしょう。しっかりと脇を閉じてできるだけひじをどこかに載せるなどして固定するといいでしょう。


2. 撮影モードはマクロモード(接写モード)にする
料理は遠くから見るのではなく、近くに寄ってこそ素材のおいしさが見えてくるものがほとんどです。水滴や肉汁の輝き、魚のうろこ、野菜の葉脈など近くで見てこそ美味しいと感じるモノはたくさんあるのです。そこで、是非利用したいのがマクロモード(接写モード)です。これを利用することによりピンボケせずにうまくとることができるでしょう。


3. フラッシュは使わない。
フラッシュを使ってしまうと、中心部分が白くなりすぎてしまい、美味しいと感じる色になりづらくなってしまいます。自然な光の中によって照らされたものが一番おいしく感じるのです。そこでフラッシュはできるだけOFFにします。


4. ホワイトバランスを気にする。
映っているものが暗いままだと何となく美味しさも半減してしまいます。また青白かったり赤みが掛かっていることも多いので、まずはオートにして撮影してみて目の前にあるものと少し色が違うようなら、ホワイトバランスや露出補正を調節して
撮影場所にあったものにします。最近の携帯では光源の種類を洗濯することができるものが多いので、その場で何によって食べ物が照らされているかを確認し、それにあわせるといいと思います。


5. 構図を工夫する。
単純に真上から撮っていてはなんとなく味気ないでしょう。斜め角度から撮影してみたり、時には何か一番伝えたいものにフォーカスして思いっきり一部を撮影するのもありです。


雑誌に映っている構図を参考にしてみるのもいいと思います。そこにはプロの技が散りばめられているので、自分に取り入れることができる構図はあるはずです。また、撮った後でもいくらでも補正することができます。Windowsに標準でついているMicrosoft Photo Editorであれば、自動補正がついていますし、ちょっとお金をかければPhotoshopというソフトウェアも売られているので、プロ並みの補正を行なうことができるでしょう。

写真はそのときの味や思い出をそのまま残す大切なアイテムです。そのときの思い出を振り返るためにも、キレイな仕上がりが求められるのです。あとはたくさん撮って慣れていくしかないので、色々と撮ってみましょう。

【参考】
・AllAbout http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/
・携帯サイト研究所 http://web.ktaibox.com/archives/386

いい写真だね!と言われるデジカメの撮り方 携帯版いい写真だね!と言われるデジカメの撮り方 携帯版
(2008/04)
阿部 信行

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 携帯電話, カメラ, 撮影方法, 撮影, きれい, 思い出,