今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように





物語としては、徐々に直虎から虎松へと主人公が変わっていく、そんな分岐点にさしかかっているように見えます。菅田将暉さん演じる虎松、朝倉あきさん演じる高瀬など子役や幼少期から時代が変わっていく様子をとらえていて、それに伴って直虎もおとわとして井伊家のなかで穏やかに暮らす1人のおなごという雰囲気が出てきています。それでもおとわの治世は見事で、今回一言も話しませんでしたが近藤康用を見事に動かして井伊谷の民を潤していました。

そんななか、虎松は井伊の家名を復活させようと密かに画策し、家康の前で虎松は万千代、亥之助は万福と名をいたdかうことになります。これは当然松下としては反発しまくりでしょう。最後まで思い切り遺恨を残す結果となりましたが、次回以降これをどのように払拭していくのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県浜松市
 - 浜松城公園





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 井之脇海, 朝倉あき, 三浦春馬, 菅田将暉, 貫地谷しほり, 阿部サダヲ,



回を追う毎に段々物腰が柔らかくなっていく近藤康用ですが、今回は直虎と共に井伊谷を守ろうという振る舞います。直虎にはこの時も井伊殿と配慮を示す姿もみせ、二人の間にはなんとなく同志めいた雰囲気され生まれているような感じでしたが、その直虎は頭とともに堺へ旅立とうとしていました。

未練がありありなのは初めから分かっていたことなのですが、頭はそれを分かっていて何度も確認をしながら直虎と共に進むことを決めたはずでした。しかし、結果的には頭は直虎の思いをくみ取って、その場にとどまるよう話をし自分1人でいくこととなります。歴史的にはその方がよいことは百も承知の上なのですが、この結末にはすこし残念に感じました。

なんだか、時間稼ぎをしていたようにも思え、この時間は直虎のなにを描きたかったのか今となってはわからなくなってしまったように思えます。井伊谷を想う気持ちが強いのであれば、頭から誘われた際にすぐにそれをはねのけていればよかったのではないでしょうか。

それから時が経ち、龍潭寺で直親の十三回忌法要が執り行われるというときに、成長した虎松が登場します。これまでの子役の働きがもの凄く良かっただけに、初めは違和感を感じますが、なんとかロスと言われるような演技に期待したいと思います。

■直虎紀行■
山梨県甲州市
 - 恵林寺





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 阿部サダヲ, 橋本じゅん, 柳楽優弥, 小林薫, 髙橋ひかる, ムロツヨシ, 菅田将暉,