今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



織田信秀の襲来によって防戦一方となる道三を初めとした美濃の面々。圧倒的な勢力の差にも関わらず最終的には道三たちが快勝することになります。織田勢もここまで気を許してしまったらそれは負けるよなと言うくらいの状況で、戦としてはかなりお粗末な状況だったのではないでしょうか。

その戦の中で光秀は、武士として敵将の首をとることに対しての疑問をもつようになります。きっとここに疑問を持つという時点で、武士と言うよりも高い知性をもった人物なんだなと思います。戦国の世の中出なかったらもっと違う立身出世の道があったような気もします。。

今回は随所に道三の罠がちりばめられていました。本木雅弘さんも口元をぺろりする演技を見せるなど益々マムシ化していく道三に光秀はどのように仕えていくのか楽しみにしたいです。




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 大河ドラマ, 長谷川博己, 麒麟がくる,

久しぶりに戦国時代に戻ってきました。大河ドラマのコアなファンはきっと嬉しい思いをしているのではないでしょうか。今回はNHKとしてもかなり気合いを入れているみたいで話題の人をかなり配置している印象です。

物語は大体のパターンでは、初めにキーとなるシーンを持ってきて、一段落すると幼少期に移っていくのですが、今回は主人公の明智光秀を演じる長谷川博己さんが初めからずっと登場していました。

最近では明智光秀の研究が盛んに行われており、様々な説が取り沙汰されている状況です。最後の紀行でも話していましたが、幼少期については未知の部分がまだまだ多いそう。そのあたりの時代考証を考えてあえてはずしたのかもしれません。

今後が楽しみですね!




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加